So-net無料ブログ作成

ニコンのレンジファインダー機「Nikon SP」にモノクロフィルムを入れて川越に行ってきた [スタッフRの「撮影に行こう」]

こんにちは、スタッフRです。
今回も、前回に引き続き「Nikon SP」の記事です。
前回予告したとおり、今回の記事ではモノクロフィルム*1を使ってみました!
(上司へ:また貸していただきありがとうございます!)


目次
  1. 前回のおさらい
  2. モノクロフィルムでの撮影について
  3. モノクロフィルムの取り込み・デジタル化について
  4. 作例(使用フィルム:Fujifilm NEOPAN 100 ACROS)
  5. まとめ


1. 前回のおさらい


前回の記事「ニコンのレンジファインダー機「Nikon SP」片手に東京さんぽ」では、タイトルの通り「Nikon SP」というカメラでスナップ*2撮影をしてきました。
古いマニュアルカメラ*3には、被写体に合わせて「絞り*4」と「シャッタースピード*5」の指針を決めてくれる「露出計*6」というものが付いていません。
そこで、基準となる「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせをあらかじめ覚え、その場で感覚によって調整します。
この「体感露出」と呼ばれる方法を使うことで、ある程度気軽に撮影することができるようになります。
詳しくは前回の記事をご覧ください。

前回はフィルムに「Fujifilm 業務用 100」という感度*7100のカラーネガフィルム*8を使用しました。
今回は「Fujifilm NEOPAN 100 ACROS」という感度100のモノクロネガフィルムを使用して、追加の作例を撮ってきました。
モノクロフィルムを取り込んでデジタル化する方法について、詳しくは次回以降に説明したいと思います。


2. モノクロフィルムでの撮影について


作例の前に、まずはモノクロフィルムでの撮影についてお話しておこうと思います。
みなさんが一番馴染みがあるフィルムは、おそらく「カラーネガフィルム」だと思います。
本格的なカメラを使ったことが無くても、多くの方が「写ルンです」のような「レンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)」等で少なくとも一度は手にしたことがあるはずです。

151204-01-film.jpg

カラーネガフィルムは、フィルムベース*9がオレンジや茶色に着色されており、その上に明暗・色が反転されたネガ画像が形成されます。

一方モノクロネガフィルムでは、白黒のネガ画像が形成されます。
モノクロフィルムにもリバーサル(ポジ)フィルム*10がありますが、ネガフィルムの方が一般的です。
以下では「モノクロフィルム」=「モノクロネガフィルム」として説明します。

160530-01-mono.jpg

普段私たちは眼でカラーな映像を見ているので、色の無い世界を想像するのは初めてだととっつきにくいかもしれません。
被写体自身の「形状」や写真全体の「構図」、あるいは陰影等の「階調*11表現」を意識して撮影してみるのがいいと思います。
色が無い分シンプルで、それでいて奥が深いのがモノクロフィルムでの撮影です。
モノクロフィルムでの撮影では「人間がカラーで見た時の明るさの感じ方」と「白黒での濃淡表現による明るさ」とが異なるため、最終的な画像に違和感を覚えることがあります。
見た時のイメージに近付けたり、あるいは強調したりするため、色のついたモノクロ用フィルター*12を取り付けることで最終的な画像を変化させることがあります。
この辺りのフィルターの使い分けについても考えていたのですが、ややこしくなりそうなので今回は使用していません。
機会があれば、また後日にご紹介したいと思います。

余談ですが「モノクロ(モノクローム)」という言葉は「単色」を表し、「白黒」という意味を持ちません。
そのため、英語圏では「白黒フィルム」あるいは「黒白フィルム」と呼ばれています。


3. モノクロフィルムの取り込み・デジタル化について


ネガフィルムのデジタル化についてはこちらの記事「ネガフィルムをデジタル化してみませんか?」をご覧ください。
リンク先はSILKYPIXを使用したカラーネガフィルムの取り込みとRAW現像の例ですが、トーンカーブ*13の調整可能な画像編集ソフトであれば同様の処理が可能です。
モノクロフィルムの取り込みでもほとんど同じですが、一部の処理が異なります。
この辺りのお話については、長くなってしまったので次回以降に説明したいと思います。


4. 作例(使用フィルム:Fujifilm NEOPAN 100 ACROS)


では、今回の作例です。
フィルムには前述のとおり「Fujifilm NEOPAN 100 ACROS」を使用し、川越のスナップ写真を撮ってきました。
全てフィルターなしでの撮影結果を掲載しています。
また、デジタル化した写真のRAW現像は「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」にて行っています。
画像中に取り込み時のゴミが見られますが、ご了承ください。
また、極端なピンボケ*14がなければ、そのまま掲載しています。

160530-11-kumano.jpg

私の撮影コースではすっかりお馴染みの熊野神社。
木目まではっきりと写し取ってくれました。

160530-12-post.jpg

ポートレート*15気分で丸ポスト。
明暗差のない被写体ですが、トーンカーブを調整したところしっかりと階調が出てきました。

160530-13-kameya.jpg

亀屋の看板を。
ささくれ立った木目の質感といい、見事な解像感*16です。

160530-14-fuku.jpg

以前も撮影したフクロウさんを一枚。
元々白黒の被写体なら、現像結果もわかりやすいです。

160530-15-jinriki.jpg

置いてあった人力車を。
ハイコントラスト*17気味に調整しています。

160530-16-kameya.jpg

こちらも再び、亀屋の看板。
蔵造りの街並みの中、情緒のある佇まいです。

160530-17-daikon.jpg

漬物屋さんにて。
妙に愛嬌のある大根ですね。


5. まとめ


さて、今回はレンジファインダーカメラ「Nikon SP」で撮影したモノクロ写真をご紹介しました。
モノクロフィルムを入れての撮影は、カラーネガフィルムと比べて難しいと考える方が多いかもしれません。
「白黒」の単純な世界に全てを込めるため、しっかりと撮ろうとすると考えることが多いのは確かです。
フィルム代も現像料金も掛かるので、失敗がもったいないと考えてしまうかもしれませんね。
ですが、フィルムカメラを使うのならぜひ気軽に試してみてほしいと思います。
白と黒との濃淡だけで表される世界は、とてもシンプルに撮影者の想いを伝えることができるはずです。



*1 モノクロフィルムとは、白黒写真の写真フィルムのことをいいます。カラーフィルムと異なり銀粒子が写真を形成するため、独特の粒子感があります。
記事に戻る

*2 スナップとは、日常の風景、人物の飾らない様子や素振りなど、気になったものや瞬間を素早く撮ることをいいます。
記事に戻る

*3 マニュアルカメラとは、電気的なオート機能を持たないカメラのことです。内蔵露出計を持たず、撮影者が絞り値、シャッター速度を選択し、またピント合わせも手動で行います。
記事に戻る

*4 絞りとは、レンズから入る光の量を調整する機構のことです。
記事に戻る

*5 シャッタースピードとは、シャッターが開いてから閉じるまでの時間(露光時間)のことをいいます。
記事に戻る

*6 露出計とは、光の強度を測定し、標準露出となる露出値を割り出す装置のことです。
記事に戻る

*7 感度(ISO感度)とは、どの程度弱い光まで記録できるかを表します。感度を高くすると、同じ明るさでも速いシャッタースピードで撮影することができますが、その分ノイズが多くなります。
記事に戻る

*8 ネガフィルムとは写真フィルムの一つであり、明暗や色が反転した状態で記録されるフィルムのことです。写真フィルムとしては最も身近で、印画紙へのプリント時に補正がしやすいという特徴があります。
記事に戻る

*9 フィルムベースとは、写真用フィルムのベースとなる材料のことです。
記事に戻る

*10 リバーサルフィルムとは写真フィルムの一つであり、スライド映写などで直接鑑賞できるポジの状態で記録されます。ポジフィルムやスライドフィルムとも呼ばれ、ネガフィルムに比べ彩度に優れています。
記事に戻る

*11 階調とは、濃淡の段階数のことです。
記事に戻る

*12 フィルターとは、レンズに取り付けることで様々な効果を得ることのできるアクセサリーです。レンズ前面に取り付けるもののほか、レンズに内蔵されているもの等があります。
記事に戻る

*13 トーンカーブとは、画像の諧調を補正するツールのことです。グラフの横軸が補正前の画像のデータ、縦軸が補正後の画像のデータとなっており、明るさの補正やコントラストの調整などを細かく行うことができます。
記事に戻る

*14 ピンボケとは、ピントが被写体に合っていないことをいいます。
記事に戻る

*15 ポートレートとは、人物を主題とした写真のことをいいます。
記事に戻る

*16 解像とは、レンズを通した像がしっかりと結像していることをいいますが、写真を見たときに解像しているように見える度合いを解像感といいます。
記事に戻る

*17 コントラストとは、最も暗い部分と最も明るい部分の輝度の差のことです。コントラストが高いとはっきりとした印象になります。
記事に戻る

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のアメリカンチェリー ~スタッフSの場合~ [企画 今日の○○]

こんにちは、スタッフSです。

今回は、アメリカンチェリーを用意してみました。今の季節は、よく青果売場の店頭に並んでいますね。
私は、「アメチェ」とよく略して呼んでいますが、何故か周りの人には通じませんでした。

さて、今回のアメチェも社内に馴染んだ感じで?撮るべく、営業スタッフに協力していただきました。

撮影には PENTAX K-3II を使用し、RAW現像と調整には SILKYPIX Developer Studio Pro 7 を使用しました。

今回の1枚はこちら。

露出補正と倍率色収差のみ調整したものです。

ameche_before.jpg

仕事中にも手軽にフルーツが摂取できるような感じが出ているでしょうか。
手帳がまた良い雰囲気を出しています。
(書き込まれていたたくさんの予定は都合上、スポッティングツールできれいに消しました)

営業スタッフ自ら、1つ持ち上げたほうが良いのではないかと言って
持ってもらったのですが、撮影中は手がずっとプルプル震えていました。

ところでこの写真、少し全体的に暗いのと、アメチェがあまり目立っていません。

そこで、まず「覆い焼き・焼きこみ」を強めに調整して
ディスプレイの明るい部分を暗めに、手前の暗い部分を明るめにしてみました。

ameche_1.jpg

スライダー1本動かすだけで、良い感じになりました。

ただし、もう少しアメチェを目立たせたいので、部分補正ツールを使用します。

こんな感じに、アメチェにフィルタ領域を2つ用意し、
手に持っているものは明度、彩度を強めに、
器に盛られているものは明度、彩度をやや弱めに設定しました。
(オレンジ色の部分が、効果がかかる範囲です)

ameche_2.jpg

調整結果はこちら。

ameche_3.jpg

最初の写真と比較すると、アメチェがはっきり分かるようになったと思います。


なお、このアメチェは他のスタッフの撮影後、私が美味しく頂きました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のアメリカンチェリー ~スタッフRの場合~ [企画 今日の○○]

こんにちは、スタッフRです。
今回の企画はアメリカンチェリー。タイトルが長いですが、仕方ないですね。
アメリカンチェリーといえば、赤黒い怪しげな色が印象的。
カメラにはフルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1」に、ちょっと古めなハーフマクロレンズ「smc PENTAX-FA 100mm F3.5 Macro」を使用しました。
撮影時の光源にはモノブロックストロボを2灯使用しています。
以下、RAW現像・調整には「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」を使用しました。

まずは、露出を合わせたものがこちら。

160610-01-cherry.jpg

赤が鮮やかで綺麗ですが、もう少し「怪しさ」を出したいと思いました。
そこで、SILKYPIXの「カラー」テイストを、「(自然)標準色」から「(自然)フィルム調A」に変更しました。

160610-02-cherry.jpg

更に、わずかですがトーンカーブをローキー気味に補正しました。

160610-03-cherry.jpg

いかがでしょうか、ダークで怪しげな雰囲気が感じられるでしょうか。

今回は、構図はオーソドックスに、ローキー気味にアメリカンチェリーを仕上げてみました。
日本のサクランボであれば、もっとハイキーな爽やかさを狙ってみた方がいいかもしれません。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のパイナップル ~スタッフSの場合~ [企画 今日の○○]

スタッフSです。

既に皆さんの作品が投稿されていますが、今回はパイナップルを用意してみました。

独特の質感を強調するのもの面白いですが、
折角の社内での撮影なので、社内に馴染んだ感じ?を出してみました。

カメラはPENTAX K-3II、RAWで撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro 7で調整をおこないました。

調整前はこんな写真。

IMGP2654_org.jpg

営業の方の机の上に置いてみました。

仕事中でも手軽にフルーツが摂取できる感じが出てますでしょうか。
(さすがにパイナップルを手で剥いて、というのは難しいですが)

当人曰く、「とても景色が良い感じ」とのことでした。本当でしょうか。

この写真でも十分なのですが、少しだけ調整してみました。

調整後はこちら。

IMGP2654.jpg

露出を調整し、少し明るくしました。

他に、シャープや倍率色収差を少し調整していますが、
加えてパイナップルの色だけ大きく調整しています。

果肉を見せずに美味しさを表現するのは難しいですが、
少し赤みが出ていたほうがおいしそうに見えると思ったので、
以下のように「部分補正ツール」を用いて「ホワイトバランス微調整」を赤めに調整してみました。
(オレンジ色の部分が「部分補正ツール」の効果がかかっている範囲です)

pine_pc.jpg


写真全体の色味は変えたくない場合、「部分補正ツール」を使うと便利ですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のパイナップル ~スタッフ I の場合~ [企画 今日の○○]

どうも、スタッフ I です。

同じものを皆で撮って写真を調整してみるシリーズ、
今回のお題は 「パイナップル」!
切れてないパイナップルの実を
手に取って見るのは初めてな気がします。

どう撮ろうか考えた末、
椅子に座らせて撮ってみました。

PineappleDefault.jpg
(上記写真は都合により一部トリミングさせていただいております。)

中々シュールな絵になりました。

ではこれより SILKYPIX Developer Studio Pro 7 を用いて、
写真を調整していきたいと思います。

今回はまず、 SILKYPIX の機能である「テイスト」を用いて
調整を行います。

「テイスト」とは「あらかじめ決めておいた調整を写真に反映させる機能」で、
写真を簡単に編集したりするのに便利です。
「テイスト」にはいくつかの種類があり、自分自身でテイストを作成することも可能です。

今回は、初めから SILKYPIX Developer Studio Pro 7 に入っているテイストである
「ノスタルジックトイカメラ」を使用したいと思います。

以下の図のように「パラメータ・コントロール」のドロップダウンリストを選択して、
「ノスタルジックトイカメラ」を選択します。
NTC.jpg

テイストを適用しますと、複数のパラメータが変更され
以下の画像画像のように雰囲気が大きく変化致します。

PineappleNTC.jpg

「ノスタルジックトイカメラ」を適用すると、
全体的な彩度が低くなり、画像の周辺が暗くなったような絵になりますね。
古びた印象のある写真に簡単にできるのでぜひ試してみてください。

ここから更に調整を加えていきます。
以下のような修正を加えます。
  1. もう少しコントラストを高くする
    • 「調子」サブコントロールにて「コントラスト」と 「黒レベル」の値を調整
  2. もう少し周辺を暗くする
    • 「レンズ収差補正」サブコントロールの「シェーディング」項目にて 「適用率」を下げ、「画角 (度)」の値を好みの暗さになるように調整
  3. パイナップルの彩度を少し高くする
    • 「ファインカラーコントロール」にて、黄色系の彩度を調整

そうしてできた写真が、以下 (左) になります。
参考のために編集前の写真 (右) を並べております。
PineappleOnTheChair.jpgPineappleDefault.jpg
今回登場した機能「テイスト」は他にも種類が用意されておりますので、
SILKYPIX Developer Studio Pro 7 をお使いの際には、
ぜひ試してみてください。

それでは!

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のパイナップル ~スタッフFの場合~ [企画 今日の○○]

スタッフFです。

パイナップルの撮影企画ということで、
独特な形なので、立体感を出すために撮影したこの一枚

20160513.jpg

気になったのは、ライティングと土台部分が映り込んでいるので、
SILKYPIX Developer Studio Pro 7の「調子」、「シャープネス」、「トリミング」、「トーンカーブ」を編集して仕上げました。

20160513_edit.jpg

撮影時のライティングに悩みましたが最終的にこのような形になりました。立体感を出すのは難しいですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のパイナップル ~スタッフSedの場合~ [企画 今日の○○]

今回はパイナップルということで特徴のある表面を撮影しました。

撮影した画像を眺めて、なんとなく好きなこの写真にしました。

Image.jpg

SILKYPIX Developer Studio Pro 7ナチュラルシャープを使い、ピントの合っている部分はよりはっきり、遠くのボケている部分はそのままぼかしておきました。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。