So-net無料ブログ作成
検索選択

幻想的な多重露光撮影を試してみませんか? [スタッフRの「撮影に行こう」]

こんにちは、スタッフRです。
前回の記事では、少し昔のデジタルカメラ*1での撮影と、SILKYPIXを使ったJPEG写真の現像(調整)について紹介しました。
そのとき、ふと「JPEG撮影といえば多重露光かな」と思ったので、今回は多重露光について。

多重露光(多重露出)とは、フィルムの巻き上げ操作をせずにもう一度露光*2を行うことです。
こうすることで、フィルム1コマに対して2つのシーンを重ねることができます。
本来はありえない被写体の繋ぎ合わせができますので、幻想的な写真や、意図的な表現が可能です。
デジタルカメラではフィルムの巻き上げはもちろんないので、レタッチ*3での合成と何が違うのかと思うかもしれませんし、実際に得られる写真は合成と変わりません。
ですが、カメラ単体での多重露光は撮影時に行う操作であるため、後処理での合成よりも撮影時の意図を反映させやすいと私は考えています。

ある程度マニュアルでの操作が可能なカメラであれば、撮影メニューの中に「多重露光」や「多重露出」といった項目があると思います。
今回はリコーの「GR」を使って撮影しましたが、GRでは「撮影設定」の中に「多重露光撮影」があります。

161121-01-multiple.jpg

具体的な撮り方ですが、多重露光では「露光していない(暗い)部分」に「別の像を重ねる」ことが基本となります。
ある程度明暗差のある被写体を選ぶことで、よりはっきりとした重ね合わせが可能となります。
とはいえ、撮影後のイメージに「慣れ」が必要な手法ですので、まずは色々な被写体で試してみるといいかと思います。

以下、写真は撮影後にJPEGで記録される多重露光した画像に対し、「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」で調整しました。
全て三脚等は使わず、手持ちでの撮影です。

161121-02-split.jpg

まずは、2枚の多重露光です。
1枚目には木を見上げて葉の影を撮影し、2枚目は花を撮影しました。
何もないところに、無理矢理分割構図*4を作り出した感じです。
もう少し1枚目を白飛び*5させてしまい、境界をはっきりさせてもよかったですね。

161121-03-hand.jpg

ありきたりですが、手をかざして多重露光。
こちらは3枚での多重露光で、最初の一枚は空に手をかざした写真、2枚目と3枚目で花を撮影して重ねています。
空に手をかざすと、明るい空が白飛び気味になり、暗く写った手の部分に残りのモチーフを入れることができます。
曇り空だったので、雲の部分はぼんやりとした写り込みになりました。
最終的に、SILKYPIXのテイスト「ノスタルジックトイカメラ」を適用して全体的に彩度を下げてみました。
ノスタルジックトイカメラにより周辺が暗くなりますので、中心部分への視線誘導*6の効果も持たせることができます。

161121-04-bokeh.jpg

イルミネーションの撮影にも、多重露光がよく使われます。
こちらは1枚目でピント*7を外してイルミネーションをぼかして撮影し、2枚目でイルミネーションにピントを合わせて撮影しました。
普通に撮影すると光がただの点になってしまいますが、実際にイルミネーションを見た時の雰囲気とは異なることが多いと思います。
特に、文字や絵をかたどって配置したイルミネーションを撮影するような場合、ピントを合わせて撮影してもわかりにくいです。
多重露光を用いることで、ソフトフィルターとは違った感じの写真に仕上がり、文字や絵をかたどったイルミネーションもわかりやすくなります。
1枚目と2枚目をなるべく同じ位置から撮るようにしましたが、あえて違う位置から重ねても面白いです。

161121-05-composite.jpg

イルミネーションがないところに、その場の雰囲気を写し込むのも方法のひとつ。
脳裏によぎった瞬間や、心象風景を描くのにぜひ活用してみてください。

今回は、多重露光について紹介しました。
1枚の写真に写し込める景色が増えると、表現も大幅に増やすことができます。
とはいえ見ている景色と異なる写真を撮るということは、冒頭にも説明したとおりイメージが難しいですね。
デジタルカメラでは、失敗を恐れずに色々と試してみるのが一番だと思います。
普段の何気ない景色からイルミネーションまで、色々な撮影方法を試してみてください!


*1 デジタルカメラとは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラのことです。
記事に戻る

*2 露光とは、露出ともいい、フィルムにレンズを通した光を当てることをいいます。
記事に戻る

*3 レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データを加工や修正のことです。
記事に戻る

*4 分割構図とは、写真の構図のひとつで、画面内をいくつかの領域に分割する構図のことです。
記事に戻る

*5 白飛びとは、本来明るさに階調を持つ部分が、真っ白に記録されてしまっていることをいいます。
記事に戻る

*6 視線誘導とは、写真を見る人の視線を主題に引き寄せることを言います。構図の工夫や明暗差により行うことができます。
記事に戻る

*7 ピントとは、結像点のことをいいます。ピントが合っている部分が鮮明に写るため、メインとなる被写体にピントを合わせるのが写真撮影の基本となります。
記事に戻る

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少し昔のデジタルカメラを持って ~SILKYPIXでJPEG調整編~ [スタッフRの「撮影に行こう」]

こんにちは、スタッフRです。
今回は、少し昔のデジタルカメラ*1を持って、幕張を散歩してきました。
持って行ったのは、2004年発売(なんと12年前!)のコンパクトデジタルカメラ*2Ricoh Caplio R1S」。

161028-01-caplio.jpg

本体前面のスライド式の電源スイッチが特徴的な、小さい割にずっしりと金属感のあるコンパクトデジタルカメラです。
一般的な「JPEG画像*3」の記録のみに対応したデジタルカメラで、「RAW*4モード」での撮影はできません。

当ブログ(少なくとも「撮影に行こう」カテゴリ)では、これまでJPEG記録のみに対応したカメラで撮影した写真はあまり取り扱っていませんでした。
「RAW現像*5」での調整が最も効果的なのは、当然ながら情報量の豊富な「RAWデータ」を現像するときです。
ですが、「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」をはじめとするSILKYPIXシリーズでは、「JPEG画像」であっても拡張して処理することで高画質な画像調整を行うことができます。
処理自体はレタッチ*6ですが、RAW現像と同じ調整項目を使用して調整できることがメリットです。
JPEG専用に特化した「SILKYPIX Jpeg Photography 7」もあり、こちらはRAWデータを取り扱えない分お安くなっています。

と、少し宣伝が入ってしまいましたね。
以下、写真は「Ricoh Caplio R1S」のJPEG画像に対し、「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」で調整しています。
今回はカメラの色を残したかったため、JPEG画像から色味をあまり変更しないように調整しています。

161028-02-makuhari.jpg

まずは、空を見上げての一枚。
調整したのは、調子(コントラスト*7)とシャープネス*8、ノイズリダクション*9
画素数*10は400万画素、2016年現在のデジタルカメラとは比較になりませんが、それ以外は今でも十分通用すると思います。
シャープネスにはSILKYPIXの「ナチュラルシャープ」を使用。
効かせ過ぎには注意ですが、細部の輪郭をくっきりと強調させることができます。

161028-03-makuhari.jpg

コンパクトデジタルカメラといえば、マクロ*11モードが売りの一つ。
近場のマリーゴールドに寄って撮影してみました。
「ボカすのが難しい」と言われることの多いコンパクトデジタルカメラですが、マクロモードを活用することでボケ表現が可能です。

161028-04-makuhari.jpg

公園の樹と、空の対比を一枚。
コントラストの激しい被写体をJPEGで撮影する場合は、意図しない白飛び*12・黒つぶれ*13をいかに防ぐかが重要になります。
このシーンでは空が飛ばないようマイナスに露出補正*14をして撮影し、SILKYPIXの覆い焼き*15で芝生のシャドウ*16部分を持ち上げました。
さすがにシャドウ部分はディティール*17が潰れてしまっていますが、全体のバランスを考えて調整しています。

161028-05-makuhari.jpg

こちらも、前の一枚と同じような調整を行っています。
さすがに拡大するとディティールも粗いですが、そこは雰囲気を楽しんでいただければ。

161028-06-makuhari.jpg

マクロモードで、お休み中のアキアカネに寄ってみました。
逆光*18ともなると、さすがに露出が細かく調整できないコンパクトデジタルカメラでの撮影は難しいですね。
後から露出を全体的に持ち上げ、調整しています。
調整を頑張ったおかげで、お気に入りの一枚です。

今回は、12年前のデジタルカメラ「Ricoh Caplio R1S」で撮影した写真をSILKYPIXで調整してみました。
さすがに画素数が心許無かったですが、初心に返ってピント*19合わせと手ブレ*20、そして露出補正に気を付けて撮影してきました。
(そういう意味では、いつもとあまり変わらないかもしれません)
画素数の小ささ故、極端なトリミング*21や引き伸ばしての印刷には向かないですが、ちょっとした散歩のお供や2L判くらいまでの印刷であれば十分といえます。
みなさんのお手元に少し古いデジタルカメラが転がっていたら、久しぶりに写真を撮ってみるのもいいかもしれませんよ。

RAW現像ソフトの多くは、RAWデータだけでなくJPEG画像の調整も可能です。
よく撮影中に「普段はRAWモードで撮影していて、たまたまJPEGモードに切り替わっていた」なんてときもあると思います。
そのようなときも、RAWほどではありませんが調整できますので、ぜひ活用してみてください。



*1 デジタルカメラとは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラのことです。
記事に戻る

*2 カメラにレンズが一体化され、小型軽量に設計されたデジタルカメラのことをいいます。
記事に戻る

*3 JPEGとは静止画像の圧縮形式のひとつで、一般的に用いられる画像のフォーマットです。
記事に戻る

*4 RAWデータとは、デジタルカメラにおいてイメージセンサが捉えた光の情報をそのまま記録したデータのことです。
記事に戻る

*5 RAW現像とは、デジタルカメラのセンサから出力された未加工のデータ(RAWデータ)をJPEGやTIFFなどの汎用画像ファイルに変換する処理のことをいいます。RAWデータはJPEG画像よりもデータ量が多いため、RAW現像では高画質な写真編集を行うことができます。
記事に戻る

*6 レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データを加工や修正のことです。
記事に戻る

*7 コントラストとは、最も暗い部分と最も明るい部分の輝度の差のことです。コントラストが高いとはっきりとした印象になります。
記事に戻る

*8 シャープネスとは、画像のコントラストを調整して輪郭をはっきりと見えるようにする処理のことです。
記事に戻る

*9 ノイズリダクションとは、画像のノイズを軽減する処理のことです。
記事に戻る

*10 デジタルカメラのイメージセンサには受光素子が並んでいますが、この素子の数のことを画素数といいます。
記事に戻る

*11 マクロ撮影とは、被写体に近づいて拡大して撮影することです。
記事に戻る

*12 白飛びとは、本来明るさに階調を持つ部分が、真っ白に記録されてしまっていることをいいます。
記事に戻る

*13 黒つぶれとは、本来明るさに階調を持つ部分が、真っ黒に記録されてしまっていることをいいます。
記事に戻る

*14 露出補正とは、カメラが決定した適正露出から撮影者の意図に応じて露出を調整する機能のことです。
記事に戻る

*15 覆い焼きとは、写真の露出が不足している部分を明るくする処理のことをいいます。
記事に戻る

*16 シャドウとは、写真の中で暗い部分や黒い部分のことをいいます。
記事に戻る

*17 ディティールとは、写真の細部のことです。
記事に戻る

*18 レンズが光源を向いている状態を逆光といいます。逆光では光と影の明暗差が大きくなるためコントラストが高く、光を印象的に写すことができます。また、レンズフレアが出てぼんやりと写ることもあります。
記事に戻る

*19 ピントとは、結像点のことをいいます。ピントが合っている部分が鮮明に写るため、メインとなる被写体にピントを合わせるのが写真撮影の基本となります。
記事に戻る

*20 手ブレとは、シャッターが開いている間に撮影者が動くことにより生じるブレです。写真が何枚も重なったように写り、写真の鮮明さが損なわれます。
記事に戻る

*21 トリミングとは、撮影後に画像の周囲を削り、画像の一部分を切り出すことをいいます。
記事に戻る

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コンパクトカメラを片手に夕焼けの幕張の浜へ [スタッフRの「撮影に行こう」]

こんにちは、スタッフRです。
今回は、市川ソフトラボラトリーからも近い「幕張の浜」へ夕焼けを撮りに行ってきました。
持って行ったのは、以前の記事でも使っているコンパクトデジタルカメラ*1PENTAX MX-1」。
クラシカルな外観が特徴のコンパクトデジタルカメラです。
一眼カメラ*2は高画質ですが大きくて重いので、ふとどこかへ出かけたくなったり、ちょっと持ち歩く場合はコンパクトカメラ*3の方が便利なことも多いですね。
PENTAX MX-1」をはじめ「高級コンパクトデジタルカメラ」と呼ばれるカメラは、RAW*4形式での保存が可能で、普段の持ち歩きやスナップ*5、更には一眼カメラの補助用途としても活躍できるように作られています。
以下、写真は「PENTAX MX-1」のRAWモードで撮影し、「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」で調整・RAW現像しました。
夕焼けっぽさを出すため、ホワイトバランス*6を黄色・赤色方向に調整し、コントラスト*7を強めにして調整してみました。

161018-01-makuhari.jpg
まずは、夕陽に照らされた砂浜を一枚。
斜めからの日を受けた、砂浜の波跡の陰影がとても綺麗です。
幕張の浜は遊泳禁止となっていますが、とてものんびりしていて散歩にはいいと思います。

161018-02-makuhari.jpg
雲の形が翼のようで印象的だったため、近くの流木と対比させて撮影してみました。
絞り*8はF5.6、被写界深度*9を深くして手前の流木から背景の対岸まではっきりと写してみました。
コンパクトデジタルカメラの多くはフード*10が無いので、この写真のように逆光*11だとゴースト*12が出やすいです。
ですが、これはこれで眩しさが感じられて、いい味付けになったと思います。

161018-03-makuhari.jpg
ぐっとカメラを地表付近に下げて、広角*13マクロ*14的な一枚。
先程と同じF5.6ですが、遠景をボカすために思い切り近付きました。
波打ち際が下がっているため、元々広角側で撮影したことに加えて遠近感を強調できたと思います。

161018-04-makuhari.jpg
こちらは絞りをF2.0まで開け、花壇のマリーゴールドをマクロ撮影。
広角でマクロ撮影するメリットとして、背景を一緒に写し込めることがあげられます。
撮影後の結果が直感的にわかるので、一眼レフであっても液晶モニタを見ながらのライブビュー撮影の方が撮りやすいです。

161018-05-makuhari.jpg
橋の形がおもしろかったので、撮ってみました。
金属の曲面は、日が当たると綺麗ですね。

161018-06-makuhari.jpg
帰り道、ふと上を見上げるとジョロウグモがいました。
シルエットが綺麗だったので撮影してみました。

今回は、コンパクトデジタルカメラでのスナップ撮影でした。
デジタルカメラでの撮影では、普段はホワイトバランスをオートにしている方が多いと思います。
ほとんどのシーンではオートで問題ないのですが、夕焼け時には「夕焼けっぽさ」を補正して、普通の写真にしてしまうことがあります。
もしRAWモードが無いカメラの場合は「曇り」や「日陰」に設定してみましょう。
こうすることで黄色味が強くなり、夕焼けっぽさを強調することができます。
黄色味が強すぎると思った場合や、空の青も綺麗に撮りたい場合は、「太陽光」がオススメです。
うまく夕焼けが撮れないと思ったら、一度ホワイトバランスを見直してみてください。
RAWモードで撮影したのであれば、今回のように後からホワイトバランスを変更し、納得のいくまで調整することができます。


*1 カメラにレンズが一体化され、小型軽量に設計されたデジタルカメラのことをいいます。
記事に戻る

*2 一眼カメラとは、レンズ交換が可能なカメラ全般を指します。実際の撮影イメージを光学ファインダーで確認することができる一眼レフカメラと、液晶画面によって確認することができるミラーレスカメラがあります。
記事に戻る

*3 コンパクトカメラとは、小型軽量に設計されたカメラのことです。レンズ交換が可能なカメラに対し、レンズ交換が不可能なカメラの総称としても用いられます。
記事に戻る

*4 RAWデータとは、デジタルカメラにおいてイメージセンサが捉えた光の情報をそのまま記録したデータのことです。
記事に戻る

*5 スナップとは、日常の風景、人物の飾らない様子や素振りなど、気になったものや瞬間を素早く撮ることをいいます。
記事に戻る

*6 ホワイトバランスとは、光源の影響を打ち消したり、強調したりするために色味を変更する機能です。ホワイトバランスを調整することで、「自然な色」の再現のほか、作品としての「色作り」を行うことができます。
記事に戻る

*7 コントラストとは、最も暗い部分と最も明るい部分の輝度の差のことです。コントラストが高いとはっきりとした印象になります。
記事に戻る

*8 絞りとは、レンズから入る光の量を調整する機構のことです。
記事に戻る

*9 被写界深度とは、ピントの合っているように見える範囲のことを言います。
記事に戻る

*10 レンズフードとは、撮影用レンズの先端部に取り付けることで、不要な光線を遮るアクセサリーです。
記事に戻る

*11 レンズが光源を向いている状態を逆光といいます。逆光では光と影の明暗差が大きくなるためコントラストが高く、光を印象的に写すことができます。また、レンズフレアが出てぼんやりと写ることもあります。
記事に戻る

*12 ゴーストとは、レンズに強い光が入ったときに内部で反射して生じる光の漏れのうち、はっきりとした形状となって表れるものをいいます。 フードを付け、余計な光が入らないようにすることで防止することができますが、逆光などの条件ではどうしても出てしまうことがあります。
記事に戻る

*13 広角とは、画角(写る範囲)が広いことをいいます。35mm判換算で50mm付近の焦点距離を標準といい、これよりも短い焦点距離を広角といいます。
記事に戻る

*14 マクロ撮影とは、被写体に近づいて拡大して撮影することです。
記事に戻る

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のカキ ~スタッフRの場合~ [企画 今日の○○]

こんにちは、スタッフRです。
今回の企画は、秋の味覚の中から「カキ(柿)」です。
カゴに入っていたので、これを活かして撮影する事にしました。

160922-01-kaki.jpg

撮影には、「PENTAX K-1」と「smc PENTAX-FA 100mm F3.5 Macro」を使用し、電球光下で撮影しました。
ピントは右下のカキのヘタに合わせ、カゴを切り取るようにしてみました。
RAW現像と調整には、「SILKYPIX Developer Studio Pro 7」を使用しています。

カキといえば、SILKYPIXの「創像」サイトには「柿渋色テイストがありますね。
こちらは若い渋柿の果汁を発酵させた液体「柿渋」で染めた色を再現したものです。
レトロな風合いのテイストとして、ぜひ使ってみてください。

160922-02-kakishibu.jpg

今回の写真はいかがでしたでしょうか。
すっかり夏も終わり、一気に冷え込んできましたね。
みなさん冬支度はお早めに!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日のオレンジ ~スタッフTMの場合 [企画 今日の○○]

スタッフTMです。
今回はルビーブラッドという品種のオレンジ
PENTAX K-50 で撮影してみました。

まず、ルビーブラッドをご覧ください。
orange1.jpg

非常に鮮やかですね!

次に、冷蔵庫でこれまで冷やされていたかのような
ルビーブラッドを表現するため、
RAW現像ソフト, SILKYPIX Developer Studio Pro7 を用いて
ホワイトバランスを調整してみました。

orange2.jpg

どうでしょうか....なんかすごく冷たそうじゃないですか?

こんな感じに、RAW現像ソフトを使うと、
後から写真の雰囲気を変えることができるので実に楽しいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。