So-net無料ブログ作成

スマホで料理写真 [RAW現像してみよう]

スタッフSです。

スマホで料理の写真を撮る方は非常に多いとおもいますが、
美味しそうに撮るのはなかなか難しいものです。

これは、Sony Xperia Z3 の プレミアムおまかせオートで撮った写真です。
original_image.jpg

構図にも問題がある気がしますが、それは置いておいて…

なんだかあまり美味しそうには見えないですね。全体的に青白い色味になってしまっています。
Xperiaは全体的に料理の写真が苦手な気がします。

料理写真はやはり暖色傾向にあるほうが美味しそうに見えます。
ということで、全体の色味を暖色寄りにして、
ついでにコントラストも少しだけ高くしてみた結果です。
fixed_image.jpg

どうでしょう、少しは美味しそうに見えるようになったような気がします。

今回は、SILKYPIXにつっこんで編集してみました。
SILKYPIXでは、色温度*1 のスライダーを右に動かすことで、青白い写真を写真のように編集することができます。

撮影時だけで完結させたい場合は、マニュアルモードで撮りましょう。
シーンを「料理」にしても良いのですが、
この例のように青白く写ってしまうような環境の場合は、敢えてホワイトバランスを「曇り」にしてみると良いです。

ぜひお試しあれ。

*1 色温度とは、光源の色を温度で表したもので、単位は絶対温度のK(ケルビン)を用います。例えば太陽光の場合、太陽の絶対温度は約6000度であるため6000Kとなりますが、地表に届くまでに吸収・散乱されるため5500K程度が想定されています。色温度が低いと赤みが強く電球色(3200K程度)のような光、逆に色温度が高いと昼光色蛍光灯(6500K程度)のような青みがかった光になります。 記事に戻る
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

コメント欄では、弊社製品に関するお問い合わせ、要望等は受け付けておりませんので、ご了承ください。

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。